NO.19 北陸旅行

 平成20年5月に同級生と出掛けた北陸旅行は新型インフルエンザが流行し、新幹線で降りた京都では患者が出たと大騒ぎの真只中で戦線恐々、マスクが必需品でコロナが流行っている今年とよく似ているが人出はいつもと変わらず多かった。
京都の西本願寺で親鸞聖人生誕750年の法要が有り始めて本堂にお詣りし大きさにびくっりさせられた。
 宿泊は滋賀県の雄琴温泉で琵琶湖が見渡せる景色のいいところでたくさん写真をとっていた。
高度成長の頃は、男の穴場と言われたけれど名残も浴場が大きい所位と覚えています。
京都から北陸本線で特急雷鳥に乗り、福井でレンタカーを借り永平寺に参拝し、曹洞宗大本山は観光客であふれていた。
お土産に線香たての金色の砂や腕の念珠を買った気がする。
福井名所の東尋坊で断崖絶壁を眺め、日本海の荒波に洗われた景色は見慣れてはいるがスケールが違っていた。
レンタカーで能登半島を回りながら、当時高速道路は距離が短く降りたり、乗ったりとドライバーは大変だった様でしたがお陰で能登半島海岸線の千里浜なぎさドライブウェイの海岸を走ることが出来満足。
宿も和倉温泉にきめ、加賀屋では無かったがおもてなしにゆっくり休めた。
輪島の朝市は定休日に当ったが市は少し開いていたので、朝ドラのケーキ屋は朝が早かったのスルーし、家族の輪島塗箸を求めて自慢した。
最後に加賀百万石の金沢を観光、レンタカーが大いに活躍したことが頭に残っている。
永平寺.gif

曹洞宗大本山 永平寺
東尋坊.gif

日本海の断崖絶壁 東尋坊
金沢東茶屋.gif

加賀の色街 金沢東茶屋街



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント