あひるの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 石見曼荼羅観音霊場  第6番 城福寺(じょうふくじ)

<<   作成日時 : 2014/04/19 19:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 淳和天皇、天長元年弘法大師により創建されたと文久元年に書かれた満願院連阿の縁起にに出てくる。
本尊薬師如来は弘法大師作と伝わる秘仏で御丈一尺五寸(45センチ)の木造で33年毎に御開帳する。
寺伝には弘法大師巡錫の折り、住民が悪病に悩むを知り、薬師如来をを刻み祈願された。
 仁摩町の総興寺でもあり、雨乞い祈願寺としても知られている。
石見銀山が天領であった江戸時代は家康・秀忠・家光将軍の菩提を弔うための位牌も安置され、繁栄を誇っていたという。
弘法大師の巡錫の折りは、寺の前は日本海より続く汽水湖で船で行き来していたと伝えられている。
昭和50年に石見銀山天領七福神を大田市の7か寺で連携し、城福寺は大黒天を祀っている。
画像
第6番札所 東厳山 城福寺

画像
石見銀山天領七福神 大黒天を祀る  福が来ますように




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
石見曼荼羅観音霊場  第6番 城福寺(じょうふくじ) あひるの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる